バストアップと女性ホルモン

 
バストアップと関連が深いホルモンには女性ホルモンがあります。女性ホルモンは女性に対して特有の働きをするホルモンの総称になります。女性ホルモンに対して男性ホルモンもあります。

女性ホルモンとは?


女性ホルモンは別名エストロゲンともいいます。このエストロゲンが女性ホルモンの中でも一番の働きをするからになります。成長ホルモンと同様に体の発育に深い関係があるのですが、エストロゲンは特に女性特有の胸などに対して深く働きかけます。エストロゲンが胸に対して作用しバストアップをするというのは分かっておりましたが深くは分かっていませんでした。ただ、近年の研究によってそのメカニズムが判明しました。

プロラクチン受容体と女性ホルモン


胸の発育にはプロラクチン受容体が欠かせませんが、このプロラクチン受容体は誰にでもある訳では無く、その発生時期や発生量に個人差があり、この受容体が早い時期に多く発生すれば、胸が早い段階で大きくなるという事になります。このプロラクチン受容体に特定のホルモンや物質が結合する事によりプロラクチンが生成されこの成分により胸が成長します。女性ホルモンはこのプロラクチン受容体の生成を促すというのが最近になり分かりました。つまり、胸を大きくするには女性ホルモンが多量に分泌され、それによりプロラクチン受容体が多く発生し、さらに成長ホルモンなどが多くある事によってホルモンによるバストアップが可能となる訳です。どれか一つが欠けてもホルモンによるバストアップを望むのは難しいです。

女性ホルモンを増やすためには


エストロゲンは40代前後で分泌量が減少すると言われています。ですので、自然分泌によるバストアップは40代が目安と言えるでしょう。それ以降は外部からホルモンを補う必要があります。昔はホルモン注射などがありましたが、今ではサプリメントによるホルモン摂取などもありますので、昔よりは敷居が低くなったと言えます。
 

関連記事

バストアップと成長ホルモン

バストアップにはいくつか方法がありますが、ここでは体内におけるホルモンの働きによってバストアップするという事についてご説明したいと思います。ホルモンにもいくつかありますが、ここでは...

バストアップと女性ホルモン

バストアップと関連が深いホルモンには女性ホルモンがあります。女性ホルモンは女性に対して特有の働きをするホルモンの総称になります。女性ホルモンに対して男性ホルモンもあります。女性...