バストアップと成長ホルモン

 
バストアップにはいくつか方法がありますが、ここでは体内におけるホルモンの働きによってバストアップするという事についてご説明したいと思います。ホルモンにもいくつかありますが、ここでは成長ホルモンとバストアップについてお話します。

成長ホルモンとは?


そもそも成長ホルモンとはどんなホルモンなのかを知らないといけませんね。
読んで字の如く成長を促すホルモンの総称ですが、このホルモンが特に分泌されるのが13歳〜16歳前後と言われています。この時期に成長ホルモンがたくさん分泌され、体が作られていくのです。

成長ホルモンとバストアップ


女性の方ならお分かりになるかと思うのですが、一般的には上記の年齢の時に体の発育と共に胸も大きくなったと思います。成長ホルモンによって胸の発育に関係があるホルモンが誘発されて多量に分泌する為にバストアップが起きるのです。厳密に言うとプロラクチン受容体と呼ばれる部分に成長ホルモンが結合する事によってバストアップが生じます。
ただこのプロラクチン受容体が発生する時期や発生する量というのは個人差があり、それはそのままプロラクチン受容体の量がバストの大きさと言い換える事も出来ます。また20代になってからもこの受容体は発生しますので、成長期を過ぎてからでもバストが大きくなる可能性はあります。ただし、成長ホルモンは成長期を過ぎてしまうと分泌量が少なくなってしまいますので、外部から補うかまたは成長ホルモン以外のホルモンで、プロラクチン受容体を刺激するしかありません。

成長ホルモンの分泌を増やすには


とはいえ、成長ホルモンの分泌を増やす方法もあります。先ほど言ったように外部から摂取する方法と運動を行う方法があります。運動は比較的強度が強めの筋トレなどが良いでしょう。筋トレによって傷つけられた筋肉を補修する際に成長ホルモンが分泌されます。
それともう一つは睡眠によっても成長ホルモンが分泌されます。まとめると体を回復させる時によくでるホルモンになります。
 

関連記事

バストアップと成長ホルモン

バストアップにはいくつか方法がありますが、ここでは体内におけるホルモンの働きによってバストアップするという事についてご説明したいと思います。ホルモンにもいくつかありますが、ここでは...

バストアップと女性ホルモン

バストアップと関連が深いホルモンには女性ホルモンがあります。女性ホルモンは女性に対して特有の働きをするホルモンの総称になります。女性ホルモンに対して男性ホルモンもあります。女性...