バストが一番大きな国

 
バストの発育状況は人によってまちまちで個人差の部分が多いです。個人個人の食生活や生活習慣によって異なります。ただ、国という大きな単位で見た時にはその個人個人の生活習慣の差は大した差にはなりません。その為国によって胸の大きさが違うという現象が起こりえます。胸が一番成長すると言われているのは13~16歳前後と言われていますが、その時期の生活習慣と言うのは国によって異なり、学校に行く国もあれば働きに出ている国もあり、食べる物も異なります。そういった生活習慣の積み重ねが胸の大きさの違いとして現れます。ここではそんな国ごとによっても異なるバストの大きさについてご紹介したいと思います。

バストが一番大きな国は?


きちんと全世界を対象に統計をとったデータが存在しないので、一番と言えるか定かではないですが、バストが大きな人が多い国としては、ロシア、ノルウェー、スウェーデンと言われています。これらの国の女性の平均カップはD以上となっているので、確かに他の地域と比べると大きそうですね。これらの国がなぜ大きいのかと言うのははっきりと分かっていません。バストアップする要因というのは一つではない為、色々な要素が複雑に組み合わせっているのでなかなか分からないようですね。ただこれらの国は寒いという事で共通点がありますので、それが関係しているかもしれませんね。胸は脂肪を蓄える役目もあります。寒い地域の人間は寒さに対抗する為に脂肪を蓄えやすいという特徴がありますので、その特徴がバストアップに対して働いたのかもしれませんね。
ちなみに下着メーカーのトリンプが行った調査ではヨーロッパで一番バストが大きい女性が多い国はイギリスだそうです。イギリスは先ほどの国に比べて寒い訳では無いので、また違った要因が考えられますね。
少し話はそれますが、日本国内の都道府県ごとの胸の大きさを調べたデータもあるそうなので、興味がる人は調べてみても面白いかもしれませんね。

※PS.バストが大きく国の人達に共通していることについて、もっと詳しく知りたい方は、バストアップまるわかりを参照ください。
 

関連記事

バストが一番大きな国

バストの発育状況は人によってまちまちで個人差の部分が多いです。個人個人の食生活や生活習慣によって異なります。ただ、国という大きな単位で見た時にはその個人個人の生活習慣の差は大した差...

バストが一番小さな国

バストが大きな国についてご紹介致しましたが、今度は逆にバストの小さな国についてご紹介したいと思います。バストが小さな国なんてなんだか不名誉と思われるかもしれませんが、大きいバストが...