バストが一番小さな国

 
バストが大きな国についてご紹介致しましたが、今度は逆にバストの小さな国についてご紹介したいと思います。バストが小さな国なんてなんだか不名誉と思われるかもしれませんが、大きいバストが必ずしも良いとは限りません。国や文化が異なれば価値観も異なります。私達の価値観とは逆に胸が小さい方が好まれている可能性だってありますよね。

バストが小さな地域は?


バストが大きな国としては、ロシアやノルウェーなどがありましたね。これらの国は民族的にみれば狩猟民族になります。我々農耕民族に比べれば体格も大きくなりがちです。DNAレベルでも脂肪を蓄える量などが異なりますので胸の大きさという事に関しても違いがあります。一般的には農耕民族に比べて狩猟民族の胸が大きいと言われています。現在でも中国、韓国、ベトナム、などといった国は胸が小さな国と言われています。それは元々農耕民族である事に加え、必ずしも大きな胸が良い事では無いと言う価値観を持っているからです。特にベトナムでは、日本などの国に比べてさらに痩身願望が強いです。学生の制服にはアオザイと呼ばれる体のラインが出る服を着る事になるのですが、その服を少しでも綺麗に着ようと皆必至でダイエットなどを行ったりします。彼女達のダイエットというのは物を食べないというダイエットになりますので、必然的に脂肪の塊である胸のサイズが落ちるという事になります。

結局バストが一番小さな国は?


これも正確な統計データが無いのでなんとも言えませんが、国民平均カップがAカップの日本、中国、ベトナム、韓国のいずれかの国になるのではないかと思います。ただ、これらの国も時代と共に価値観が変わって行けば胸の大きさも大きくなっていく可能性もあります。ちなみに今は豊胸手術などを行ったりする人がいますが、国民あたりの豊胸手術が多い国はアメリカにはなります。これもまたアメリカの価値観という事になりますね。
 

関連記事

バストが一番大きな国

バストの発育状況は人によってまちまちで個人差の部分が多いです。個人個人の食生活や生活習慣によって異なります。ただ、国という大きな単位で見た時にはその個人個人の生活習慣の差は大した差...

バストが一番小さな国

バストが大きな国についてご紹介致しましたが、今度は逆にバストの小さな国についてご紹介したいと思います。バストが小さな国なんてなんだか不名誉と思われるかもしれませんが、大きいバストが...